HOME > ブログ

墓誌板ができました。佐久間家 モカちゃん


P1050713.JPG
           墓誌板ができました。佐久間家 モカちゃん

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

通夜(つや)

葬式の前夜、親族や知人が亡き人の霊を守り、慰めることをいう。死亡から葬儀までの間二夜をおくるときには、死亡当日の夜は、仮通夜にして、本通夜は翌日 に営まれる。昔は近親者によって営まれたが、現在は、死者に対する社会的儀礼として、関係を持つものは、通夜の席に出るようになった。夜を通し て死者を守るということだが、近頃は半通夜といって、午後六時ごろまたは七時ごろから、午後十時ごろまで営まれることが多くなった。通夜の式は僧侶 の読経で始まり、読経中に焼香に入る。参列者全員の焼香が済むと式が終了。読経のあと、短い法話がある場合がある。


 


 



お悔やみを申し上げます。 いちごちゃん 15才 太田市


P1050560.JPGのサムネール画像
       お悔やみを申し上げます。 いちごちゃん 15才 太田市

           とても利口な男の子でした。。。

           性格が素直で良い子でした。。。

      足が多少不自由な子でしたがとても優しい子でした。。。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

付け広告 (つけこうこく)

死亡広告の隣に葬儀を請け負う葬祭業者の広告を「○○家葬儀ご用達(ようたし)△△葬祭」などと入れ、宣伝すると共に、問い合わせ・供花などの注文先を案内するもの。


 


 

 

お悔やみを申し上げます。 もうちゃん 5才 太田市

 

P1050552.JPG      お悔やみを申し上げます。 もうちゃん 5才 太田市

            食いしん坊な女の子でした。。。

           とても甘えん坊でもありました。。。

       1年半ぐらい、病におかされ頑張っていました。。。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

追悼ミサ(ついとうみさ)

カトリックでは、死亡した日から三日目、七日目、三十日目に親類、知人が参列して追悼ミサを行い、故人を偲んで祈祷を捧げる。ミサは教会で行い、ミサのあとはお茶の会などを催し、故人を追悼する。それ以後は毎年死亡した日(昇天記念日)にミサを捧げる。


 


 

お悔やみを申し上げます。 アンジェリーナちゃん 14才 太田市


P1050528.JPGのサムネール画像
   お悔やみを申し上げます。 アンジェリーナちゃん 14才 太田市

           とても、穏やかな女の子でした。。。

            おっとりとした子でした。。。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

追善供養(ついぜんくよう)

追善供養は死者の冥福を祈って、遺族をはじめとする縁者が、善事を後から行うこと。七七忌の法事などを意味する。七七忌は十一世紀の前半頃に上流社会で 行われていた。百か日、一周忌、三回忌は中国の風習を習ったもの。三十三回忌は鎌倉時代、二十五回忌は室町時代頃から始まったといわれている。


 


 


 

大泉町外二町斎場で、ペットを火葬された埋葬場所の変更



     大泉町外二町斎場で、ペットを火葬された埋葬場所の変更


P1050680.JPGのサムネール画像のサムネール画像
 

  本年度より、新しく増設いたしました埋葬場所に納骨されます。

       焼香台は、2箇所に増設いたしました。


P1050672.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
                                    平成30年11月26日から平成31年1月25日にお亡くなりになった方々です。


株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市


 

 


お悔やみを申し上げます。 ショーンちゃん 5才 大伊勢崎市


P1050533.JPGのサムネール画像
    お悔やみを申し上げます。 ショーンちゃん 5才 大伊勢崎市

           社交的な男の子でした。。。

      犬のように、名前を呼ぶとちかずいてきました。。。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

直系血族(ちょっけいけつぞく)

血族関係のある子や孫などを直系卑族、父や母、あるいは祖父母を直系尊属という。相続の場合、民法は相続人を2つに大別しています。1つは被相続人と 血縁があることで相続が認められる人で、これを血族相続人という。もう1つは血のつながりはないが、配偶関係にあったことにより相続人となることがで きる人であり、これを配偶相続人という。


 


 

 

 

お悔やみを申し上げます。 ひとみちゃん 18才 大泉町

 P1050513.JPG


     お悔やみを申し上げます。 ひとみちゃん 18才 大泉町

           甘えん坊な女ん子でした。。。

          ケンカがとても弱い子でした。。。

          我慢強いところがありました。。。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市


 

 

弔問(ちょうもん)

死者の遺族を尋ね、お悔やみを述べること。遺族は、弔問客の挨拶を受けるが、通夜または葬儀当日に弔問客を玄関に迎えたり、見送ったりしなくても失礼にあたらない。特に喪主は遺体のかたわらについて、弔問の挨拶を受ける。一方、初めての弔問の場合「このたびはご愁傷様でございます」「さぞ御力落としのことでございましょう」などと挨拶する。すでに弔問に出向いていたなら黙礼だけでかまわない。たてこんでいなければ、故人の思い出を語ったり、遺族 をいたわり、力づける言葉をかけたりすることも良いとされている。


 

 

お悔やみを申し上げます。 小太郎ちゃん 11才 太田市


P1050516.JPGのサムネール画像
     お悔やみを申し上げます。 小太郎ちゃん 11才 太田市

           人なっこい男の子でした。。。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

弔電(ちょうでん)

弔問や葬儀に参列できない場合に打つ、お悔やみの電報。電報は局番なしの115でかけ、宛名は普通喪主にする。電文の例文は、「謹んで哀悼の意を表しま す」「ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます」「ご尊父様のご逝去を悼み謹んでお悔やみ申し上げます」「ご逝去の報に接しお悔やみ申し上げますととも に心からご冥福を御祈り申し上げます」など。弔電が多いときは、弔電奉読は主なものだけにする。


 


 

 

お悔やみを申し上げます。 リンちゃん 19才 太田市

 

P1050512.JPG     お悔やみを申し上げます。 リンちゃん 19才 太田市

          とても、利口な男の子でした。。。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

手水(ちょうず)

手水の義は、神道の祭儀の前に行われる重要なもので、これを済ませてから席につく。柄杓ですくった水は、三度に分けて注ぐのが正しい作法。自分で 水を掛けるときは、まず左手を清め、次に右手を、次に左手に水を受けて口をすすぎ、さらに最後に左手を洗い、紙を使う。


 


 

 

新年のご挨拶 パートナー霊園

          新年のご挨拶 パートナー霊園

 

 1月3日より、パートナー霊園を開園させて頂きます。ご家族の悲しみの手助けになるように、尽くしてまいりたいと思っております。本年度も、宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社パートナー  (太田市、大泉町、千代田町、邑楽町 公認ペット霊園)

パートナー霊園(ペット霊園、ペット火葬、納骨)

        太田市、足利市、大泉町、邑楽町、千代田町、熊谷市,伊勢崎市

 

弔辞(ちょうじ)

葬儀のさいに披露する、死者への最後の別れの言葉。内容には~故人への追悼~故人の生前業績を讃える~残されたものの決意を述べる、という構成。 弔辞は会社関係の中で、故人と親睦のあつかった人に依頼する。奉書か巻紙に毛筆で書き、末尾から短冊形に折りたたむ。上包みをして「弔辞」の表書きをつける。葬儀委員長の読む弔辞を式文とも言う。


 


 

アーカイブ

このページのトップへ